すぐ効くレビトラ.com

すぐ効くレビトラ.com メインイメージ

詳しく知りたいED治療薬レビトラのメリットとデメリットとは?

レビトラの良い所、悪い所

レビトラのメリットとデメリットレビトラはラテン語を語源にしており、「男の命」という意味を持ったED治療薬です。2003年にドイツのバイエルヘルスケア社から発売されたレビトラは「バイアグラに次ぐ二番目のED治療薬」という高い評価を得ていき、2004年6月には日本でも厚生労働省で承認されて販売した経緯を持っています。

ED治療薬としては副作用がほとんどないうえにうつ病によるED、糖尿病や脊椎損傷にも有効です。

バイアグラのデメリットを解消するために開発された治療薬なので、必要な時だけに服用しなくてはならない等バイアグラに似た特徴がありますが、メリットとデメリットはバイアグラとは異なります。

まずメリットは2つあります。1つは即効性であること、もう1つは持続時間の長さです。バイアグラは効果が出るまで約1時間前後かかりますがレビトラはおよそ30分で効果が現れます。

個人によっては15分から20分程度で勃起したという報告がありますが、少なくとも1時間以内に効果が現れることは間違いありません。

短時間で作用することはタイミングが計りやすく、余計な時間をかけなくて済みます。次に持続時間の長さですが、これは平均で8時間も続きます。

正確には10mg錠のレビトラで平均5時間から8時間、20mg錠で約8時間から10時間です。この時間はバイアグラよりも長く、バイアグラであれば10mg錠でおよそ4時間、20mg錠であれば平均8時間となります。

持続時間が長いとさらにタイミングが計りやすくなり、パートナーの感覚と合わせやすくなります。一方でデメリットは3つあります。

1つは全体的に見ればバイアグラに負けてしまうこと、もう1つがコストがかかること、そして最後の1つが偽物が多いことです。

先述したように即効性と持続性はレビトラのほうが優秀ですが、全体的な面ではバイアグラのほうが優れています。実際にバイアグラには根強い人気があるうえにコストに負担がかかりません。

このED治療薬は病院で処方された場合、10mg錠で1500円、20mg錠で2000円の費用がかかります。ネットの輸入サイトでも1000円以上になっているのが一般的です。

おまけにネットでは偽物が出回っているケースが多く、一時期は問題視されていました。現在は改善されているものの、「偽物を購入してしまった」という被害は後を絶ちません。

つまり購入する面倒が多いところが、このED治療薬のデメリットといえます。