すぐ効くレビトラ.com

すぐ効くレビトラ.com メインイメージ

レビトラを飲む前に確認!レビトラを服用出来ない病気とは?

レビトラが使えない病気

レビトラを飲んではいけない病気レビトラを飲んではいけない病気というのが存在します。代表的なものが狭心症を持っている人で、いわゆるニトロと呼ばれる硝酸剤を使っている人はレビトラを飲んではいけません。

この理由ですが、二つの薬の効果、作用が重複してしまうからです。しかし、一体勃起不全の治療薬と狭心症の治療薬とでなぜ重複を起こすのでしょうか。

よく分からないという人がほとんどでしょうから、それを説明しましょう。それは、答えから先に言ってしまえば、両方とも血管を広げる作用を持つ薬だからです。

レビトラは成分名バルデナフィルと呼ばれますが、これはPDE5と呼ばれる酵素の働きを妨げる作用を持っています。

そもそも勃起というのはどうして起こるのかというと、cGMPと呼ばれる物質が放出されて陰茎の血管を広げてくれるためなのですが、勃起がいつまでも続いては困りますから、このcGMPを分解する働きを持つ酵素により勃起を解消させる仕組みもまたヒトは持っています。

その酵素こそPDE5であり、これによってcGMPが分解されるために勃起は解消するのです。

勃起不全の人は、PDE5の働きが強すぎるためにcGMPが作られるはたから分解されてしまい、それで勃起が持続しないということになっているので、PDE5の働きを抑制してやることでcGMPの作用が持続するようにしてやろうというのがバルデナフィルの仕組みになります。

つまり、間接的にcGMPを働かせることで陰茎の血管を広げる作用を持っているということになります。ところが、別にcGMPは陰茎の血管だけに作用するわけではありません。他の血管にも多少なりとも作用し、同じように血管を広げる作用を持っています。

一方で、狭心症の治療に使われる硝酸剤は、まさに狭心症の発作を起こして狭くなっている心臓の血管を広げる作用を持ちます。

これでだいたい見えてきたでしょう。どちらの薬も、目的とする場所の差こそあれ、同じように血管を広げる作用を持っているのです。

そのため、この2つの薬を併用すると、思った以上に血管が拡張しすぎる可能性があります。血管があまりにも拡張しすぎるために、思わぬ低血圧を引き起こす可能性があるのです。

そのため、血圧低下によるふらつきや転倒、それによる外傷や失神といった副作用を引き起こす可能性があるのです。これが、レビトラを飲んではいけない病気として大地位置に狭心症が挙げられる理由となっているわけです。